頭皮の天敵AGAを退治しよう~必殺!AGA治療~

毛根イメージ

影響と原因

男性

東京でも多くの人が抱える悩みとなるのがAGAです。このAGAに発症することで、頭皮の髪の毛が抜けてしまいボリュームがない頭になります。つまり薄毛という症状になるのです。そのため、東京に住んでいる人でもAGAという症状を早急に治療しようと努力を行なう人が多いです。このAGAの治療を行なう前に、東京に住んでいる人もAGAに関する情報を集めることで頭皮に与える影響を知ることができます。影響を知ることで專門のクリニックを利用した際にスムーズな会話を行なうことができるでしょう。このようなメリットが得られるため、ここではAGAの影響について説明を行ないます。

東京に住んでいる人も悩ましているAGAという症状は、正常なヘアサイクルのリズムを崩して薄毛という症状を発生させます。なぜ、正常なヘアサイクルが乱れてしまうと頭皮が薄くなるのかと疑問に思った人も少なくないでしょう。その理由は、正常のヘアサイクルの場合「成長期」と言われる期間が2年から6年と長い間行なわれます。ですが、AGAになると成長期の期間が短くなってしまい十分な成長をすることなく、「休止期」と言われる期間にあります。この期間に入ると髪の毛が成長しなくなります。そのため、不十分な成長をしてしまった髪の毛が頭皮に残るのです。そのため、最終段階である「退行期」という期間に入る前に脱毛してしまうことがあり、髪の毛が抜けるスピードに成長するスピードが追いつかなくて頭皮が薄くなっていくのです。また、AGAという症状は日本語では「男性型脱毛症」と言われています。その理由は男性ホルモンが影響してAGAの症状を発症するからです。そのため、AGAという症状は男性に多く表れる傾向にあります。このように、AGAの原因と症状を理解することで、專門のクリニックを利用した際に治療方法を早急に見つけることができるでしょう。